スマホ料金

【povo2.0】複雑な料金プランやメリット・デメリット&注意点を解説!#ギガ活

povo

povo(ポヴォ)の料金プランが分かりにくいよ!

ちゅん助
にゃん吉

私にまかせて!
povo2.0の料金や、知らないと損をする注意点を解説するわ☆

auの新料金プランとして誕生した「povo(ポヴォ)」。

2021年3月から開始した「povo1.0」は、シンプルな1プランのみでした。

その後、2021年9月から開始した「povo2.0」では、"トッピング"というプランが増えて、料金が分かりにくい!といった声も。

今回は、povo2.0の料金プランやメリットデメリット、注意点まで分かりやすくご紹介します!

auからpovoへ乗り換える時の注意点や、ahamo・LINEMOとの比較なども紹介しますので、最後まで見ていただけると嬉しいです。

povoの注意点

最初にお伝えしますが、「povo2.0」はスマホ料金をよく理解している上級者向けのプランです。

料金プランを理解し自分でデータ通信量をこまめに管理できる方や、月20GB以上利用する方がオススメ!

LINEMO

povo(ポヴォ)とは?

auの「オンライン専用料金プラン」として発表されたのが「povo(ポヴォ)」です。

オンラインのみでの契約にすることでコストカットを実現し、安い料金プランを提供することが可能に。

povo1.0とpovo2.0の違いは?

にゃん吉

povo1.0とpovo2.0の違いを比較!

povo1.0【旧】povo2.0【新】
料金2,728円0~12,980円
データ容量20GB0~150GB
通信制限時の速度1Mbps128kbps
契約年齢20歳以上13歳以上
支払い方法クレジットカード
※auから引き継ぎ可能
クレジットカードのみ
※auから引き継ぎ不可
LINE年齢認証可能不可
au家族割プラスカウント対象カウント対象外
auからの
SIMカード変更
不要変更が必要
auからの
故障紛失サポート
継続可能継続不可

povo1.0

2021年3月に開始されたプランが「povo1.0

「20GB 2,728円」の1プランで、分かりやすい料金プランでした。

ahamoやLINEMOと同時期に発表された、auの新料金プランが「povo1.0」です。

※povo2.0発表後、新規受付を終了しました。

povo2.0

基本料0円+データ量を追加購入して、自分のライフスタイルに合ったスマホ料金が選択できるように。

データ量は「トッピング」として購入して追加することで、高速通信が利用可能になります。

しかし、トッピングには注意点が多く、使いこなせないという声が多いのも事実。

ここからは、少し複雑なpovo2.0の料金について、わかりやすく解説していきます

povo2.0の料金について

povo2.0の料金は、基本料金0円+データ量を追加購入して使うスタイルになります。

データ量や通話使い放題のオプションを「トッピング」することで、自分の好きなスマホ料金を選べるのがメリット。

180日以上トッピングの購入がなければ、利用停止→解約となるので注意が必要

基本料金

出典:povo
  • 基本料金 0円
  • 国内通話:22円/30秒
  • 国内SMS通信:3.3円
  • 通信速度:128kbps
    ※ネット閲覧が難しいくらいの低速度
  • 5G対応&eSIM対応
  • 契約年齢:13歳以上
  • 支払い方法:クレジットカードのみ

データトッピング

povoデータ料金トッピング
トッピング料金データ使用期限1GBの料金30日間の料金
データ使い放題330円24時間
1GB390円7日間390円
3GB990円30日間330円3GB
990円
20GB2,700円30日間135円20GB
2,700円
60GB6,490円90日間108円20GB
2,163円
150GB12,980円180日間86円25GB
2,163円

povoの「トッピング」は、追加購入するデータ量によってデータ使用期限・料金が違ってきます。

データ使用期限が切れると、データ量は繰り越しできずに消滅するため、注意が必要です。

トッピングを購入しなくても128kbpsで利用できますが、128kbpsの速度はネットがほぼ使えない低速度なので、Wi-Fi環境がないと厳しいです。

※180日以上トッピングの購入がない場合は、利用停止になる恐れがあります。

povo2.0 おすすめポイント

24時間データ使い放題が「330円」

60GB 6,480円は、30日間の料金だと「20GB 2,163円

150GB 12,980円は、30日間の料金だと「25GB 2,160円

データ量を月20GB以上使うなら、どんどんオトクになる!

povo2.0詳細はコチラ

通話トッピング

  • 5分かけ放題 550円/月
  • 通話かけ放題 1,650円

コンテンツトッピング

  • DAZN 760円(7日間)
  • smash 220円(24時間)

サポートトッピング

  • スマホ故障サポート 830円

知っておきたい!povo2.0の注意点

にゃん吉

povo2.0の注意点は要チェック☆

  • データ繰り越しができない
  • 180日以上トッピングの購入がないと利用停止→解約になる
  • 店頭や電話サポートがない
  • LINEのID検索ができない
  • 端末のセット購入ができない
  • 支払いはクレジットカードのみ
  • 国際ローミングが使えない
  • auからpovo2.0へ移行時に注意点がある

データ繰り越しができない

povo2.0は、データの繰り越しができません

データ追加で購入したギガは、有効期間を過ぎると消滅します。

せっかくデータを購入したのに使いきれず消滅してしまった!ということがないように、注意が必要です。

トッピングの購入がない場合、利用停止

povo2.0は、最後に購入した有料トッピングの有効期限の翌日から180日間、有料トッピングの購入がない場合利用を停止すると公式に記載があります。
期間内の従量通話料とSMS送信料の合計額が660円を超えている場合を除く

さらに、利用停止後30日間、引き続き有料トッピングの購入等がない場合は契約の解除となるため、注意が必要です。

店頭や電話サポートがない

povo2.0は、店頭や電話でのサポートがありません。

基本はAIのチャットボットでよくある質問の中から自動返答で回答されます。

以前は有人チャットサポートもありませんでしたが、現在ではお問い合わせフォームが設置されました。

povo2.0:問い合わせ窓口

LINEのID検索ができない

povo2.0は「LINEの年齢認証」に対応していません。povo1.0では対応していたものの、2.0になってから非対応となりました。

LINEの年齢認証がないとできないことは3つあります。

  • ID設定
  • ID検索
  • 電話番号を利用した検索

※ID検索で簡単にLINE交換ができないと困る方は注意!

端末のセット購入ができない

povo2.0では端末のセット購入はできません。

しかし、au Online Shopであれば、単品でスマートフォンの購入が可能になりました。

スマホセットの販売ではなく、povo契約後に端末を単品で購入することになります。

端末セット購入ができる携帯会社

支払いはクレジットカードのみ

povo2.0の支払い方法は「クレジットカードのみ」となります。

どうしても口座振替で料金を支払いたい方は、残念ながら利用できません。

口座振替対応の携帯会社

国際ローミングが使えない

povo2.0では、海外での海外での通話やデータ通信(国際ローミング)に対応していません。

今後対応する予定のようですが、時期は未定です。

国際ローミング対応の携帯会社

auからpovo2.0に乗り換えるとできなくなること

にゃん吉

auからpovo2.0へ変更する方は注意が必要です!

「au」ではできたのに、「povo2.0」ではできないことがあります。

詳しくはコチラ:auからpovo2.0への移行時のご注意事項

povo2.0ではできないこと
1. auかんたん決済の利用ができない
2. 留守番電話割込通話などのサービス
3. 各種割引サービスの適用
(家族割やセット割など)
4. auで提供されているサポートサービスの継続
(auスマートサポート、料金安心サービスなど)
5. au HOMEは自動解約となる
※auの契約期間はpovo2.0では引き継ぐことができません。

ギガ活とは?

povoギガ活

povo2.0から誕生した「新しいギガのチャージ活動」がギガ活です。

ギガは購入するだけではなく、オトクにギガを貯めることも可能。

  • #ギガ活でもらう
    対象店舗でのau PAY支払いや対象店舗の利用で、ギガがもらえる
  • #ギガ活でさがす
    街中やバーチャル空間でギガを「さがす」と、ギガがもらえる
  • #ギガ活であたる
    店舗やオンラインサービスと連携すると、抽選でギガが「あたる」

auPAYでの支払いや、対象店舗で一定金額を利用することで「データボーナスカード」をもらうことができます。

カードに記載のプロモコードをpovo2.0アプリで入力すると、データがもらえる仕組みです。

対象店舗で買い物するだけでギガがもらえる「ギガ活」で、データ量をオトクにGETできちゃいます。

ギガ活の詳細はコチラ:povo2.0 #ギガ活

POVO2.0詳細はコチラ

povo2.0のメリット・デメリット

メリット6選

  • 13歳以上から利用可能
  • 5G対応&eSIMが利用可能
  • 自由にデータ量を購入できる
  • ギガ活すればさらにオトク!
  • 月20GB以上のトッピングが安い
  • 通信速度が安定している
  • 24時間使い放題(330円)のトッピングが便利
  • DAZNやsmashがトッピングで追加できる

povo2.0の最大のメリットは「自由に選べるトッピング」です。

特に、20GB以上のトッピング料金は安い!安定した通信速度&月25GB以上データを利用するなら断然povo2.0がオススメ!

サブスマホを利用する方や、電話メインの利用なら24時間使い放題や1GB、電話のトッピングを利用することで、料金を安くすることができます。

にゃん吉

データ量の使用期間に注意して利用すれば、povo2.0はオトクな料金ですよ!

デメリット5選

  • 支払いがクレジットカードのみ
  • LINE ID検索ができない
  • 端末のセット購入ができない
  • トッピングなしの通信速度128kbpsは遅すぎる
  • 180日以上有料トッピングの購入なしで利用停止
  • 海外で利用できない

povo2.0で気になるデメリットは、トッピングなしの通信速度が128kbps180日以上トッピングの購入がなければ利用停止という点です。

通信速度128kbpsは、正直何もできません。データトッピングの追加購入の時の通信も、128kbps不安だと不安になるレベルです。

トッピングを購入せず0円運用したいという方は難しいかと思います。

180日以上有料トッピングの購入がなければ利用停止、その後に自動解約となる点も注意が必要です。

179日に1回、トッピング購入をすれば利用停止の回避ができます。

ちゅん助

povo2.0がオススメな方

にゃん吉

povo2.0がピッタリな方はコチラ☆

  • povo2.0の料金について理解し、自分で対処できる
  • 自分でデータ通信量の管理ができる
  • 月20GB以上利用している
  • 通話メインで安く利用したい
  • サブスマホ用として安く利用したい

POVO2.0詳細はコチラ

自分でデータ通信量の管理ができる方や、20GB以上利用する方にオススメだね☆

ちゅん助

【徹底比較】ahamo/LINEMO/povo/楽天モバイル

にゃん吉

各社の新料金、何が違うの?を解決します!
気になる4社を徹底比較☆

各社

ahamo

LINEMO
povo

povo


楽天
初期費用0円0円0円0円
データ量20GB3GB
20GB
0~
150GB
0~
無制限
料金(税込)2,970円2,728円
(20GB
2,700円
(20GB
2,178円
(20GB
通話5分無料
22円/30秒
5分無料:550円
キャンペーンで無料
22円/30秒
5分無料:550円
22円/30秒
無料
20GB+5分かけ放題2,970円2,728円3,250円2,178円
かけ放題オプション1,100円1,650円
キャンペーン価格:1100円
1,650円1,100円
5G対応対応対応対応
海外で利用20GBまで対応有料未対応2GBまで対応
留守番電話不可不可不可対応
eSIM対応対応対応対応対応
データ追加/1GB550円550円 390円~ 550円
詳細リンク詳細詳細詳細詳細

オススメの選び方

楽天回線エリア内&安さで選ぶなら楽天モバイル

お得なキャンペーン&LINEをよく使うならLINEMO

海外利用&20GB/5分通話無料ならahamo

上級者向け!自由に選べるpovo

比較記事はコチラ:ahamo・LINEMO・povo・楽天モバイルの違い&速度を徹底比較!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

にゃん吉

*ずぼらでせっかちな30代パート主婦 *地方で賃貸夫婦2人暮らし *半年で簿記3級&FP3級・FP2級取得 *貯金ゼロで節約も貯金も失敗ダラケの主婦が日々奮闘し、年間生活費170万削減・年間180万の貯金に成功☆ 誰でも簡単にできる節約&貯金方法をご紹介します!

-スマホ料金
-