節約&貯金

【年間5万円以下】ズボラ主婦の衣服代の節約方法【節約術7選】

にゃん吉
こんにちは。にゃん吉です。
毎月の皆さんの衣服代はどのくらいですか?
おしゃれが好きな人は節約するのが難しそうだよね!
ちゅん助
にゃん吉
にゃん吉も10代・20代はおしゃれが大好きで服や靴を買うのがたのしくてお買い物中毒だったわ!

節約を意識する前の私は、年間10万円以上服や靴につぎ込んでいました。節約をするようになってから、夫婦2人で年間5万円以下におさめることに成功しました!

今回はズボラ主婦が衣服代を節約できた方法7選をご紹介します。

ファッションに関しては人によってこだわりがあると思いますので、できそうなものを試してみてくださいね!

この記事はこんな方にオススメ

  • ついつい服を買ってしまう方
  • セールが大好きな方
  • 買っても着ていない服がある方
  • 衣服代を節約したい方

この記事を書いている人

にゃん吉家の衣服代について

にゃん吉家の衣服代は生活予備費という項目で年間5万円を予算として毎月積立をしています。

にゃん吉家の家計簿についてはこちらをご覧ください

【子なし共働き夫婦】にゃん吉家の家計簿を公開【手取り34万円】

衣服代とするもの(夫婦2人分)

  • 洋服
  • バッグ
  • アクセサリー
  • 下着・靴下

衣服代には美容室代や化粧品も含んでいます。

にゃん吉の節約失敗談

ここからは浪費の原因になってしまったにゃん吉の失敗談をご紹介します。

皆さんも当てはまることがあれば要注意です!

安ければ何着買ってもOK

にゃん吉は貧乏性だったので、基本的に2000円以上の服は買いませんでした。

そうなると2000円以下の服や靴をたくさん買って、結局着ることもなくタンスの奥へ眠ることも多かったです。翌年には流行が変わるのでまた新しい服を買う羽目に。

安い!カワイイ!で判断していた私は、結果的に無駄遣いしていることも気づきませんでした。

衝動買いばかりで浪費する

ウィンドウショッピングして、可愛い!と思えばいつの間にかレジで会計していることもあり、衝動買いが止まりませんでした。

この前買った服に合わせたら可愛いかも!と必要な理由を探してはバンバン購入していた私。

セール中で安くなっている時はとくに衝動買いしやすかったです。

衝動買いほど恐ろしいものはないですよね。

おしゃれだったら素材は無視

若い時は素材よりもデザイン重視だったので、チクチク・ゴワゴワしていても我慢して着ていました。

しかし、着心地が悪いものはあまり着なくなり、いつか着るだろうの予備軍になる事が多かったです。

自然と着心地がいい服は着る回数も多いんですよね。

洗うのが大変な素材や着心地が悪い素材は選ばないようにし、簡単に手入れできて着心地が良い素材のみを選ぶようにしたら、着ない服がなくなりました。

服や靴をネット購入で失敗

ネットで購入すると98%失敗してきたので、ネットで服や靴を買うことをやめました。

ネットで購入する場合は、店頭で試着したものを安く買うくらいです。

ネットの写真だと、素材やサイズ感が分かりませんよね。モデルさんが着ていると可愛く見えるのに、自分が着るとなぜかコレジャナイ感・・・

靴のサイズも合わないことがあったので、靴は絶対に試着してから購入するようにしています。

衣服費の節約術7選

ここからは衣服代を年間5万円以下にできた方法7選をご紹介します。

取り入れられるものがあれば、ぜひ試してみてください!

衝動買い厳禁ルール

衝動買いをたくさんしてきて、後悔ばかりしてきたので、「衝動買いは厳禁」というルールを作りました。

この服欲しい!と思っても、その場で買うか決めずにいったん家に帰ってから考えるようにしています。

どうしても欲しい場合は今ある服のどれかを捨てる覚悟があるのか考えて、購入する場合は服を1着手放すことにしています。

いったん気持ちをクールダウンさせると、冷静に欲しいかどうか考えられるので、時間を置くのが効果的です。

試着は必ずする

服や靴を購入するときは必ず試着をしましょう!

昔は試着せずに購入することが多く、失敗が多かったです。

試着は必ずするようにしたら、自分に似合うかきちんと判断できるようになりました。

自分の体型にあっているか、着心地はどうかなど、きちんと試着することで失敗を防げます

試着してみると想像してたのと違うと思うことって結構多いですよね。面倒でも試着をしないと買わないと決めています。

長く着れる素材やデザインを重視する

流行って過ぎ去るのが早いですよね。

去年流行っていた服や柄が、翌年にはダサいと言われてしまうことも。いちいち毎年の流行に合わせるのに服を購入していたら、お金がいくらあっても足りません。

にゃん吉は30歳になってから、流行りに振り回されることに疲れ、何年経ってもダサいと言われないベーシックな服を選ぶようになりました。

本当に気に入って購入した服は大切にするので、平気で3年以上同じ服を着ています。素材も着心地がいいものを選ぶので、新しい服を買わなくても満足しています。

購入する時は、来年も再来年も着れるか・着心地が良い素材かをきちんと考えるようにしています。

少し高い値段でも、長く着れる服であれば、安い服より結果的にコスパが良いです。

ネットで購入しない

ネットでの失敗が多かったので、ネットで服や靴を買うことを辞めました。

やはり、自分で素材やサイズを確認しないと失敗することが多いです。

写真では高そうな素材に見えるのに、実際手元に届いたのはナイロンみたいなテロテロ素材だった時は泣きました・・・

ただ、店頭で実物を確認済みでネットの方が安く買える場合はネットで購入します。

ネットはクーポンなどで安く買えることが多いので、実物を試着して本当に欲しかったらネットで買うようにすると失敗が少ないです。

ウィンドウショッピングしない

ウィンドウショッピングならタダ!と言いますが、見たら買いたくなっちゃうんですよね。

服を購入する予定がない時は、ショップに近寄らないようにしています。

見たら買ってしまうので、衝動買いを予防するためにもウィンドウショッピングを封印することに。

ウィンドウショッピングしなければ誘惑もないので、浪費していた洋服代がピタリとおさまります。

お出かけ用の服は予定ができてから買う

基本的に家で過ごすのが好きなにゃん吉はあまり出かけません。しかも友達も少ないです(笑)

旅行や特別な予定は年に数回ぐらいなので、予定ができた時にお出かけ用の服を購入します。

もしかしたらお出かけする予定があるかもと言って服を買っても、基本出かけないので無駄だと気づきました。

友達とは年に数回ご飯に行くくらいなので、ぼっちはつくづく節約に向いているなぁと実感中です。

着回しができる服を購入する

にゃん吉ファッションはワンピースに羽織るものがあれば完成です。ワンピースが1番ラクなんですよ!

カーディガンやアウターは、どんなワンピースにも合うものを購入しています。

ズボラなので、上と下の組み合わせを考えるのが面倒でワンピースに逃げることにしました。ワンピースだけでは健康診断などで支障が出るので、ユニクロのパンツとトップスがあれば乗り切れます。

服は必要最低限しかないのでコーディネートに迷うことがなくなりました。

夫も基本的にユニクロなので、あまりお金がかかりません。※夫のコーディネートは私がしています。

夫は服のセンスゼロで、私が1度コーディネートしたらあとは任せた!と自分で洋服を買わなくなりました。夫の洋服は一緒に買いに行っています。夫も休みの日はほとんど出かけないので必要最低限の洋服しか持っていません。

私たち夫婦の服をあまり持たないデメリットは、写真を撮った時の服がほぼ同じということですかね・・・(笑)

ですが、たくさんの流行りの服よりお気に入りの数着のほうが私には価値があると気づけました!

まとめ

ファッションを楽しみながら節約できるのが1番だね!
ちゅん助
にゃん吉
ファッションが大好きでたくさん服が欲しい!という方にはあまり参考にならないかもしれません(泣) ごめんなさい!

でも、今までたくさん服を買ってきて分かったことは、流行りものよりベーシックな方がやはり寿命が長いということです。

とても気に入って厳選した服であれば、何年経っても大切にきることができます。

1着1着、お気に入りの服を大切にすることが節約にもつながることに気づきました。

あまり友達もいなく、家から出ないにゃん吉だからできる節約もありますが、衝動買いやセールで即購入するクセを辞めるだけでも節約になりますので、ぜひ皆さんも試してみてください☆

ちゅん助
最後まで見ていただきありがとうございます! 他にも節約術を公開していますのでぜひ見てくださいね☆

【お得】楽天アップグレードプログラムのメリット・デメリ...

【新プラン】OCNモバイルONEの料金・速度は?メリッ...

最強のポイント還元率!リクルートカードがオススメな理由...

【楽天モバイル】iPhon13の在庫状況は?iPhon...

【楽天モバイル】契約前に必須!事前エントリーまとめ【キ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

にゃん吉

*ずぼらでせっかちな30代パート主婦 *地方で賃貸夫婦2人暮らし *半年で簿記3級&FP3級・FP2級取得 *貯金ゼロで節約も貯金も失敗ダラケの主婦が日々奮闘し、年間生活費170万削減・年間180万の貯金に成功☆ 誰でも簡単にできる節約&貯金方法をご紹介します!

-節約&貯金
-, ,